2017年02月02日

限度額認定証と肝炎治療受給者証

ども、入院生活8日目のkobaです。

170202_04.JPG

入院当時26.8あったCRPも16.8→9.7と落ちてずいぶん落ち着いてきました。
後は24日以降飲んでも効かなかった解熱剤が効くようになってきました。
切れると高戻りしますが…それでもだいぶ回復に向かっている感じはします。
来週くらいに退院になるかな?

今日は朝一にたたき起こされ、寝ぼけ眼で採血。
その後点滴を打ち、朝8時にはレントゲンと、寝起き状態のままで様々な検査を受ける羽目に。
その後担当先生が来て
「CRPが9になっとるから、大分良ぅなっとるなぁ。」
と話していきました。
ここの病院は血液検査の結果の紙とか渡してくれないのかな?
その後看護師さんにCRPの値聞いた所、9.7という事が分かりました。
ちなみに白血球数は上がってるとの事。
まぁ9,100→10,600くらいなので、そんなもんでしょう。

で、担当先生が意外な事を言ってきた。
「肝炎の薬じゃけど、こっちで処方しても問題ないらしいけぇ、のぉなったら言うて。」
元々転院前の病院(=肝炎を見てもらってる病院)で処方してもらって取りに行くって話だったのに、ひっくり返されてしまいました。
肝炎の助成制度は、保健所に処方してもらう病院や薬局を申請して、受給者証にはその申請した病院や薬局が記載されます。
今の病院は記載されていないので、助成の対象外、つまり自己負担になるのか…?と思い保健所に電話。
「記載がないのなら保健所に来ていただいて申請していただければ追加できます。」
との答え。
てっきり病院・薬局ともに1軒だけしか申請できないのかと思ったら、そういう訳でもないのね(^^;

高額医療の限度額認定証も取っておこうと思い、看護師に言うと事務員が申請用紙持ってやってきた。
「これに書いて協会けんぽに出せば申請できますが…でもまだ高額医療の額には到達してませんよ?」
と言われたものの、おそらくもう1週間くらいはいるだろうからという事で紙をもらい、けんぽに行く事に。
前の病院の入院費も返金請求かける必要があるので、ついでに申請用紙もらってくることにしました。

昼の点滴が終わり、時間は3時半。
5時までに何とか回りきれるかな、と思いつつ外出許可を取って出発。

まずは保健所。
「肝炎受給者証の病院の追加をしたいんですが…」
と窓口の係員に言うと、申請書を出してきてこれに書いてと。
書類を書いて渡すとその場で受給者証に今の病院名を追記して、最後に岡山県のはんこをポンと。
「これで今日から使えます。」
との事。

次に協会けんぽ。
限度額認定証の申請書は出る前に書いていたので、窓口に提出。
あとは高額医療の支給申請書をくれと申し出る。
健康保険証と免許証を見せてくれと言われ提出。
「お時間ありますか?10分くらい待っていただければこの場で限度額認定証をお作りしますが。」
と言われたので、待つことに。
岡山の協会けんぽって街のど真ん中にある上に提携駐車場がないから、駐車料金の心配もあって本当は早く出たかったんだけど(^^;
待合室で10分くらい待ってようやく係員が登場。
限度額認定証を受け取って退出。
駐車料金は400円でした…高いT_T

その後ローソンでヤフオクの発送ラベルの印刷→ダイソーで電源タップ購入→自分の家でヤフオクの梱包→前の病院で肝炎受給者証の更新書類を渡し…でもう時間も6時近く。
本当はスマホ&タブレットのアプリ更新やら風呂入ったりやらしたかったんですが、時間ありませんでしたorz

戻ったら机に晩御飯が。
170202_03.JPG
とんかつだー(>_<)
という事で今日も一仕事した(?)後の夕食をたしなむのでした。;D
ちなみに今の病院の食事、前の病院よりも1品少なくて、ご飯とのバランスは合うんだけど、結構腹が減るという。(^^;

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(40代)へ
にほんブログ村
一緒に100万貯めたい人はポチッと!
posted by koba at 21:27| Comment(0) | 入院生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

転院完了

ども、kobaです。
転院もようやく落ち着き、入院生活も6日目もほぼ終了。
最近は消灯後にブログ更新が多くなってきました。
今日1日の行動をざっと書いていきます。

当日朝、起きて身支度・朝ごはん。
8時半には出たいのに飯来たのが8時前。

170131_01.jpg

急いで食べて出発の準備をする。
隣のじーさんに軽く挨拶したら「ここ静かになってしまうのー」とちょっと寂しげ。
まぁ看護師さんの話によると新しく人入ってくるそうだから…(^^;

転院と言っても退院→新規診察→入院の手順で行うので、まずは清算。
78,000円ほどでした…。
高額医療はギリギリ対象になりそうだけど、まだ手続する前だったので、後日手続して差額請求することに。
この病院はカード払いができるのでカード一括で清算。

タクシーに乗りいったん家に帰宅。
運賃は一番近い道順で行ったので1,940円でした。
家に帰ってまずシャワー。
やっと体が洗えるー!
洗濯物を実家に置いて転院先の病院へ。

車で病院に着くと忘れ物に気付く。
なんと携帯忘れました…orz
既に時間は10時なので、入院手続きが終わって取りに帰ることに。

紹介状を持って新来手続き。
終わって内科外来の待合でお待ちください、と言われ、何か暇つぶしグッズは…と鞄を漁るとPSPが出てきたので、PSPで遊ぶ。
しばらくすると診察室ではなく「看護相談室」という謎な部屋から女の人が名前を呼んできた。
どうもこの方が前の病院の担当医が相談した先生らしい。
前回も女医さんで、今回も女医さんとは。
年齢はこっちの方が少し上かな?

担当医曰く
「前の病院の検査って入院前のデータしかないんですよ(実際入院してからは検査してない)。今だと変わってるかもしれないから一通り検査を受けて下さい。」
との事。
とりあえず空いてる順にCT→レントゲン→血液&尿検査→診察とする事になり、順に回る。
血液検査が終わり、結果1時間くらい待つからまた待合室でPSPをしてると、今度は看護師さんから舐めを呼ばれ、
「先生が大動脈から血を取って検査するから中に入って」
とこれまた前の病院にはなかった「中央治療室」という部屋に通される。
中にあったベッドに寝て
「15分くらい安静にしててください、その後先生が来て採血しますんで。」
とタオルケットを渡されそのまま仰向けにボーっとする。
15分くらいたって担当先生がやってきて
「じゃあやりますから、ズボン下して。」
そうか大動脈って、太ももの付け根…に針射すの!?うへぇ…と思いつつそのまま採血。
痛みは思いのほかなかったです。
その後
「CT見たらまだ水溜まってるようだから、水抜きましょう。で、その水も細菌とかの検査するから。」
と今度はベッドに座り、机を持ってきてその上には低反発のクッション。これを抱え込むようにして屈んでくれを言われる。
後ろで先生と看護婦が、どの長さで、どの太さの針を使うと肺に届くかとか相談。今度は背中に針射すのか…とクッション抱えながらゲンナリする。
射す位置を決めるのに携帯電話みたいなエコーの機械を使って探すものの、水のある場所がなかなかわからず、とうとう他の先生にヘルプを頼む始末に。この人も女医さんでした。
後ろで先生2人と看護師があーでもないこーでもないと機械をいじり、見える範囲を広くしてようやく位置を確定し、いよいよ背中に針を…ってその前に部分麻酔!?背中に数ヶ所プスプス打たれ、さらにメインの針投入。
痛い、ってほど痛くはないけど、やっぱり針挿しながらあちこち探したり、途中針替えて射し直してるから、結構辛かったですorz
そして水抜いたはずなのに背中の痛みが全然変わってないとか。
麻酔注射の痛みが追加されただけでした。
全部抜いてないのかなぁ。

終わると今度はエコーに行ってくれと。
なぜか看護師が車いすを持ってきてこれに座れという(歩けるのに?)。
帰りに動けなくなるとか?いやでもエコーだしと思いつつ、エコーの部屋に看護師に車いすを押され到着。
背中のエコーかと思い上を脱いだら
「ズボン脱いで下さい」
大動脈の血流を見るエコーのようでした。
ふくらはぎを押さえたり離したりする状態で膝裏部分の大動脈の血流がどう変化するかを動画として記録したり。
こんなエコーの取り方も初めてですね。
てか肺炎と関係あるんかな?

ここまで終わって、中央治療室のベッドに戻り
「3時になったらベッドが空くそうなんで、時間来たら入院の説明しますね。」
と看護師に言われる。診察なし?
時間はこの時点で2時20分。
ご飯食べて来られたらどうですか、と言われるも今から食ったら晩飯食えないの目に見えてるし、この時点で腹も減ってないので入院の書類ここで書きますと断り、3時まで待機。
ちなみにこの病院、コンビニが2軒、コーヒーショップが1軒、レストランが1軒あります。
さすが大病院。

3時になり入院病棟へ移動。
なぜかまた車いすに乗って看護師に押してもらって7階の詰め所へ。
そこから7階担当の看護師に変わり、部屋を案内してもらう。
本来内科患者は南館3階らしいけど、空いてないので本館7階になったそうです。
入ったら4人部屋で2つ空いてる状態でした。
何だまだ余裕あるやんw

入院病棟内の案内や入浴の手続きなどを教えてもらい、早速点滴をする事に。
ただし前の病院では1日2回だったのに対し、こちらは3回するそうです。
点滴する薬も違うみたい。
前の病院はピシリバクタ、今回の病院はユナシンで、どちらも抗生物質みたいです。

携帯を忘れたから家に取りに帰りたい旨を話し、外出の許可をもらう事に。
「入院患者は駐車場止めたらだめですよね?何で車を家に置いてバスで来ます。」
と言った所、
「患者さんも止めて構わないですよ?1日500円で止められるようにできますし。」
と看護師から意外な答えが。
パンフレットには
「駐車場利用は患者はダメ、付き添いの方はやむ得ないときに限り1日500円で処理いたします」
と書いてあったのですが、実際には入院患者も付き添い用の駐車サービスを適用しているようです。
1日500円で車が止められるのなら非常にありがたいので、ここは恩恵に授かることに。

家に戻り、机の上に置いていた携帯をゲット、ついでにヤフオクでゲームソフトが売れてたので(こんな時に限って…)、梱包して、封筒に入れ出発。
途中コンビニに寄って荷物を出して来たものの、1時間半で戻ってこれました。
やはり車最高!(^o^)

戻ったら飯が置いてました。

170131_02.jpg

仕事(?)した後のご飯はおいしいですね!(^q^)

あとはベッドに上がって、堕落生活に逆戻りです(^^;
いやまさかここまで検査立て続けにやってさらに水まで抜くとは思わなかったから驚きましたわ。

てか、この記事書いてたら看護師さん来て点滴していったんですが…こんな夜中にするものなのか。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(40代)へ
にほんブログ村
一緒に100万貯めたい人はポチッと!
posted by koba at 23:34| Comment(0) | 入院生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

転院することになりました…

ども、kobaです。
入院生活5日目にして急展開です(^^;
家賃の振り込みや会社の書類提出があって、午後から外出してたんですが、帰る途中のバスや列車で電話が鳴るものの取る訳にも行かず、着歴見ると病院の代表番号だったので、誰からかかってきたのかもわからず…という事で用事を済ませてナースステーションに行くと担当先生が待っていました。
「ちょっとお話があるんだけど…」
という事で病室へ。病室で話された内容は以下の感じ。
・解熱剤を服用しても熱が下がらず、経過としては良くない。
・ここよりも大きいS病院の先生に相談したところ「じゃあうちで見ましょう」という話になった。
・ただ、S病院はベッドが空いてないそうなので、相談して何とか割り込んでくれ。
・明日の10時に向こうで診察を受けてくれ。


…事実上さじを投げられた形です(^^;
あとは、昼飯イラネとか言って反感買ったのかも。
入浴許可出たから明日お風呂入れる~と思ってたのにorz

S病院は今の病院よりもさらに倍くらいの距離があります。
さらにベッド空いてないって…確実にタコ部屋コースって事じゃないですかorz
隣にじーさんいるけど、今の病室は割と快適だったのに…orz
「部屋がないから個室を通常料金で」プランを期待するしかありません…望み薄だけど。

明日8時半にここを退院する事になりました…タクシーで家に帰ります…2,500円…うぅぅ(T_T)

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(40代)へ
にほんブログ村
一緒に100万貯めたい人はポチッと!
posted by koba at 23:09| Comment(0) | 入院生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする