2017年08月09日

あぁ憧れの台湾旅行#5

どもkobaです。
もう8月ですねぇ…今週は花火大会の警備が…警備で一番嫌な仕事ですw

ようやく3日目。
飲み屋から帰って速攻就寝。
翌日はOさんと少し遅めに朝食バイキングへ。
なぜか社長をはじめとする会社の人々がたくさんいたり。
ちょうど入れ違いでみんな朝食を終えて出る所だったので、最終的にはOさんと2人だけになってました。

「ちょっとコンビニ行かんか?」
という事ですぐ裏のファミリーマートへ。
「こういうほうが喜ばれるんよな…うわ、高っ!」
カップラーメンを大量に購入するOさん、カップラーメンは日本より高いようで、Oさんはその値段に驚いていました。
自分はベットボトルのコーヒーを購入。19元也。

戻ってチェックアウト。
ほとんどの人は既に集まってて、荷物も1ヶ所にまとめられてました。
すぐにバスと張さんが到着。みんなバスに乗ります。

「これから、お土産屋に行きます。私買い物大好き。みんなも好きよね?いっぱい買ってってね!」
この辺りはビジネストークというか、台湾のお土産の素晴らしい所とか、本当のパインケーキはここで買うべき、とかマンゴーのお菓子のおすすめとか一生懸命話していました。
…まぁ、ガイドとしてはここでお金使ってもらわないと、お店からの支援が受けられなくなるからねー。

■お土産屋(店名失念)
お土産屋に到着。
いかにもお土産屋です!と言わんばかりのラインナップ。
そして隙あらばおすすめしまくる店員たち。
1つ品物を手に取ろうものなら速攻で寄ってきて、「こちらはいかかですか?」と次々と商品を勧めてくる。
こういうお店は苦手だなぁ…。
なんでも2,000元以上買うとおまけとしてお茶のパックをおまけしてくれるようで、
「もう1品買えばおまけしてあげられるんだけど…。」
とか勧められて、結局2品ばかり余分に買って2,000元を少しオーバーしてお茶パックゲット(嬉しくない)。
I部長とNさんはすごい量のお土産を買っていました。
おまけで丈夫なバッグをもらっていた模様。

集合時間までまだ間があったので、ちょうど横にあるファミリーマートで店内散策してました。
お土産用に台湾のペットボトルカフェオレと缶のブラックコーヒーを購入。
こういう手軽なのはお土産屋にないんだよなぁ。

DSC_3287_R.JPG
中でもインパクトのあったスターバックスのコーヒー牛乳。
ペットボトルのコーヒーが19元(約76円)に対して99元(396円)!高い!さすがスタバ!(>_<)

あとは他店になかったエロ本がありました!(笑)
日本と同じで、本コーナーの隅に仕切られてビニールでラップされた上、18歳未満お断り(らしい)看板まで一緒。
ただ表紙を見る限りではどの本もグラビア程度で、あからさまに露出しているような本はありませんでした。

それをNさんやSさんに教えて見に行ったり、外でまったりペットボトルのコーヒー飲んでたり。
ようやく集合時間になり、バスもやってきてみんな乗り込み。

■台湾松山(ソンシャン)空港
帰りは台北中心部にある台湾松山空港から。
基本的に国内線は松山空港、国際線は桃園空港らしいけど、今回は松山空港の便で帰れるそうで。

DSC_3288_R.JPG

さすがに、桃園空港に比べると狭く、免税店も1つでかいのがあるだけで、買い物も終わってるので、特にやることもなく。
そんな中I部長が声をかけてきた。
「koba君、君たばこ吸わんだろ?悪いけど、お金出すから1カートン帰って岡山まで持っててくれんかなー。」
たばこやお酒には持ち出し制限があって、たばこは1人1カートンって決まりがあるそうで。
I部長はたばこが安いので、自分1カートン、嫁さんに1カートン、そして自分に1カートン持たせるため、免税店で3カートンを購入。1カートンは自分が持っていくことに。

その後、出国手続きをするのに列に並んでると、
「いやー買った買った!」
とTさんが手にいっぱいのお酒(^^;
それを見たガイドのFさんはびっくり。
「Tさん、お酒は持ち込み禁止なんで…ちょっと持ち込みできるか聞いてきます。」
「あ、そうなん?じゃあしゃあないなー。」
お酒に限らず液体のものは機内持ち込みができず、お酒は手荷物に預けなければいけなかったんですが、Tさんはそれを覚えていなかったらしく、手荷物預けた後に免税店で購入してしまったと。
最悪、税関で没収されるかも…と言っていましたが、税関側が用意した手提げバッグに入れる事で手荷物として通過したようです。

■上海浦東空港
帰りも上海経由。
行きは上海市街へ出て食事でしたが、帰りは大人しく空港内で食事。
「これからクーポンを配ります、このクーポンを使って食事してください。」
とFさんがクーポンを用意。
クーポンについての説明。
・クーポンは約1,500円分の食事ができる
・換金不可
・おつりは出ない
・使えるのはクーポンに書いてある店舗のみ
・複数のクーポンの端数を足して商品を買う事が可能


とのこと。
つまり、1人が1,500円のうち1,000円使い、もう1人は1,500円のうち1,200円使った場合、2つのクーポンを合わせて800円の物が買えるそうです。

さて、早速Nさん、Oさん、Tさんと一緒に店をうろつきます。
一番近かった永和大王という店に行ってみる。
でかでかと「そば うどん」と書かれた提灯があったので、Nさんがうどんを食べようと店員に聞いた所、
「うどんはやってない」
との事。書いてあるのに!(>_<)

値段を見ると…結構高い。
安くても900円くらい、高いものだと1,500円オーバーもちらほら。
「とりあえず別の店も見てみましょうか」
という事で、空港内をウロウロ。
HOPESTAR CAFE…入ってみるも、やはり高い。
ACTING CAFE…見つからない。
ウロウロしてたら、お土産屋の店員さんから「どこに行くんですか?」と声をかけられる。
「ACTING CAFE? そっちにはないよ?」
空港案内のマップには書いてるんですが…。
これ以上探しても時間つぶれるだけなので、結局最初に入った永和大王へ。
おおむね1,000円以上するので、とりあえず食べ物だけでも、となり1人1品ずつ注文。
Nさんはカレー、OさんとTさんはビビンバ定食、自分はかつ丼を。
みんな1,200円くらいなので、だれも追加注文はしなかったのですが、食事を運んできた後、店員さんがサントリーの黒烏龍茶(日本のものと全く同じ)を2本と紙コップを4つ持ってきて、
「これクーポンの余りの金額で持ってきましたので、よかったらどうぞ。」
別々に4本頼むには足りない金額だったので、一同大助かり。
中国人親切やん!
と少し中国のネガティブイメージを払拭したのでした。

飯食った後はNさんがOさんとTさんに説教タイム。
仕事のことで、まだ新米のNさんはベテラン勢に仕事との向き合い方や、上司との連絡と取り合いなどについて、色々指摘していました。あとは聞いてるNさんの態度に対しても。
まぁ…警備の自分からすれば部外者ではあるんですが、なんというかOさん自分より年下のはずなのに、考え方が団塊のモーレツ社員のソレなので、ちょっと意外でした。
昨日のバーの店員とのからみを見ても良くも悪くもオヤジ、って感じです。
そして、こういうのが社員旅行として一番ダメなところよなぁ、と聞きながらNさんに同情。
こういう場所で仕事の話はタブーだと思うんよねぇ。
気分転換が目的なんだし。

説教タイムをしり目に、自分は早々と立ち去り、まだ時間もあるので空港内をウロウロ。
さっきないと言われてたACTING CAFEが本当にないのか気になってたので、呼び止められたお土産屋からさらに向こうを歩いていきました。
…一部が改装工事中で、その中にACTING CAFEがあったようです。
見た感じではテイクアウトメインで中で食べられそうな状態ではなさそうでした。
さらにACTING CAFEの別店舗が地下にあるようなので、地下をウロウロ…こちらは営業していましたが、テイクアウト専門のサンドイッチ屋さんといった感じの店でした。
地下から再び上に上がると、さっき呼び止められたお土産屋でNさんがお土産を物色中。
台湾であれだけ買ってたのに、上海でも買うのか…。
どうやら日本円での支払いができるようで、日本のお札をレジに渡していました。
台湾元からの換金は既にやってたそうで。
そういえば、円に戻すの忘れてたな…まぁ、次回来た時に使えばいいやw

Nさんは円を使い果たして、まだ時間がある中、のどが渇いたけどお金ない~、と落胆。
じゃあ奢りますからコーヒーでも飲みますか?という話をしてスターバックスへ。
人民元も日本円も持っていないので、クレジットカード使えるかなー、と出した所、無事認証完了!
中国でもJCB使えるんやね!
ただカフェオレを頼んだ後、飲んだら砂糖が入っていなくて、ガムシロップをもらいに店に入ると、店員が行列を捌くのに手いっぱいで、なかなか話しかけられなかったのが…まぁ何とか粘ってガムシロップもらってきましたが。

コーヒーを飲んだ後、搭乗口へ向かうと、もうみんな集まっていて、後は搭乗時間を待つばかり。
トイレに行っている間に搭乗用のバスが来て、慌てて乗ったりしましたが、無事飛行機のタラップまで到着。
なぜかみんな飛行機の写真を撮り始めたので、自分も1枚撮ってみました。

DSC_3289_R.JPG

■岡山空港
特にトラブルもなく、無事岡山に到着。
入国手続きも割とスムーズに終わり、I部長にたばこを渡してミッション完了。
ロビーに集まり、社長とFさんの締めのあいさつで解散となりました。
今回は団体旅行なので、若干不満も残りましたが、個人ではできない事もできましたし、次回行く時はさらに楽しんできたいと思います。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(40代)へ
にほんブログ村
一緒に100万貯めたい人はポチッと!
posted by koba at 07:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

あぁ憧れの台湾旅行#4

どもkobaです。
休刊日なのに集配所の前まで行って気が付いて戻ったので、ブログ更新(^^;
昨日はずっとTSUTAYAで借りたアニメ映画「聲(こえ)の形」見てました。

15003665926740.jpg
石田と西宮が結ばれる話かと思ってたら違ってたw
来週は原作をコミックレンタルしてこよう;D

さて台湾旅行記は飲み屋編。

社長と一緒に飲みに出発。
総勢10人くらいかな?日本人ガイドのFさんも同行。
ホテルでタクシーを拾います。3台くらい拾って立て続けに出発。

隣の駅から少し南にあるやけに細い路地にあるお店。
入口にAKBっぽい格好をした女の子が3人ほどいました。
タクシーはその店の前に止まりました。
降りてから「ここ入るのか?」と思いながら店を眺めていると、
「そこじゃない、こっちこっち!」と誰かの声が。
その声につられて、一同別の店に向かいます。
向かったお店は向かい側の3軒分くらい離れたお店。
なにがなんだかよくわからず入ると…卓球台が置かれています。卓球台?
あとダーツが1台ありました。
マスターと店の女の子が出てきてが出てきて、「いらっしゃい、こちらへどうぞー」と思い切り日本語。
とりあえず若い連中Nさん、Sさんにくっついて3人奥の席に座りました。
メニューを見ながらソフトドリンク1杯800円ってさすが夜のお店…と思っていると、さっき止まった店の前にいたAKB娘がが店に入ってきてうち1人が自分たちの席に座りました。
え?別の店の子じゃないの?どういうこと?
などと思いつつ、ドリンクを注文。
「初めまして、スーと言います」
もっと詳しい名前だったはずだけど「スー」しかおぼえてないや(^^;
アジア系外国人の独特のなまりもなく、夜のお店なので化粧もばっちり決めてて、どう見ても日本人です。
「何歳に見えますかー?」
「20?」
「あたりですー!はい、どうぞー」

注文したコーラをいただきました。

Nさん、Sさんと3人で年齢当てクイズしてた所へマスターがあいさつに来たので、なんで別の店の女の子が来たか聞いてみました。
以下マスターのお話
・マスターは元々岡山出身の日本人。
・同郷のよしみでFさんがよく日本人観光客を連れてきてくれる。
・元々ホテルマンだったが、日本で台湾人ハーフの女の子と付き合い始め、台湾に頻繁に遊びに行くようになる。
・彼女とは結局別れたが、台湾が気に入ったので、定住するため国籍を取得。
・店を開いて、今は2軒のお店を持っている。
・やってきた子達はもう1軒のお店の子で、大勢のお客さんが来たのでヘルプで呼んだ。
・女の子は基本的に日本語ができる子を雇う。
・学校で日本語をやってる学生の日本語はきれい。逆にお店のお客から学んだタイプの子は汚い日本語になる。
・向こうの店(AKBコスプレ?バー)は制服が決まっているので、制服を着るのを嫌がる子はこっちのお店(ダーツ&卓球バー)に来させている。

などなど、なかなか興味深い話を聞きました。

マスターと入れ替わりでもう1人AKB娘(以下リン)がやってきたので、女の子と日本についてのお話。
「日本語はどうやって覚えているの?」
「学校で日本語を専攻しているよ。」
「なんで日本語を覚えようと思ったの?」
「アニメが好きで…ネットの動画で台湾の字幕で流れるんですよ。」
やっぱりアニメか!w
「好きなアニメは?」
スー「キルラキル」
リン「テニプリ!あとユーリ!!!on Ice」
今時だなぁ…ドラゴンボールとかナルトとかじゃないのか。
リン「これも好きですよ」
服につけてる缶バッジのうち大泉洋のバッジがありました。
すげぇな水曜どうでしょう!(>_<)

スーちゃんに日本について少し聞いてみる
・日本が好きでよく日本に旅行に行く
・今まで行った場所は東京・北海道・岐阜・新潟
・昼は学校で日本語の勉強をして、夜は旅費を稼ぐためにこの仕事をしている
・日本人のお客さんがよく来るので、この仕事は楽しい


日本に旅行するためにって、すごいなスーさん。
ぱっと見日本人にしか見えないし、日本語は訛りなくペラペラだし、しかもかわいいしw、将来日本に来て仕事したりするのかなーとか思ったり。
しかし、東京・北海道はともかく、なぜ新潟・岐阜なのかが気になったw

こういう熱い思いを持った人の話は聞いてて非常に興味深いです。
その後AKB娘たちがAKBの歌と踊りを披露してたんですがスーさん間違いすぎw

正直もうちょっと日本のアニメとかのお話をしたかったけど、ここで女の子たちは席チェンジ。
まぁ社長がスポンサーだからねー。
社長はFさんと役員&店の女の子とダーツに興じていました。
Oさんは店の女の子に抱きついたりマッサージさせたり…セクハラじゃねーのか?(^o^;;

しばらくおとなしくコーラ飲んでたら、またスーちゃん&ここの店の女の子(名前忘れた…仮にケイとしときます)が席に戻ってきて、ジェンガ広げ始めました。
過去に仕事で携帯電話のゲームは作ったことあるけど、実物初めて見たw
さらに会社メンバーのTさんとKさんも加わり、負けたら飲み物(水でも可)を一気飲みするというルールで開始。
スー&ケイが負けまくりで、酒散々飲んでました。自分は全勝w
しかし、何杯も飲んでるのに平気なのもすごいな。
スーちゃんはちょっとお酒回ってる感じだったけど、ケイちゃんはお酒好きだからーと喜んで飲んでいました。
そしてそのお酒は社長のお金…3杯3,000円くらいのお得セットらしいけど…まぁいいかw
あと同郷のよしみで焼酎飲み放題にしてたら、みんなガンガン飲んでマスターがちょっと後悔してたらしい(^^;

その後はトランプを1枚引いて1番小さい数字を引いた人が飲むルールに変更されてやはりケイちゃんが飲みまくってたり、マスターが
「台湾の冷麺めちゃおいんしんですよ!ごちそうしますから是非食べてください!」
と食べたい人聞いたら、店にいる店員含めて全員が手を挙げてすごい数の冷麺買いに行く羽目になったりとか。
Oさんは…出来上がって寝ていました。自由だなぁw

会社の人の中にはお店の子とラインID交換したりする人もいました。
スーちゃんかわいかったからまた会いたい気もするけど…一期一会かな。
個人じゃまず来ない店だし、来たとしても次はもういない気もするし。
とにかく楽しいひと時を過ごさせてもらいましたw

続きます!

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(40代)へ
にほんブログ村
一緒に100万貯めたい人はポチッと!
posted by koba at 05:19| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

あぁ憧れの台湾旅行#3

ども、Windows10のCreators Updateをした所、ノートPCが異様に重い&熱くなったので、新しく(?)中古のノートPC買ってしまったkobaです。
まだ環境移行中なんで、このブログは現在熱々のPCから。
てか重くするだけのアップデートはやめてくれorz

台湾旅行2日目の午後から。
■九份(チョウフン)
台北市街から約1時間かけて移動。
「九份は土日はバスが通行できないので、ふもとのシャトルバス乗り場で乗り換えます。」
という張さんの案内の元、一同バスの駐車場へ。
バス乗り場には小さな売店があり、犬が放し飼いで2匹いました。
台湾では犬は放し飼いなんですね…狂犬病とか大丈夫なのかな?
「大丈夫よーかわいいよー」と言いながら犬に寄っていく張さん。
自分たちが近づいたら、犬は警戒して逃げていきましたorz

シャトルバスが到着、幸い他のツアー客より早くついていたので、全員が椅子に座れました。
そして坂道を上る上る。30度くらいあるんじゃねぇの?ってくらいの急こう配の坂を上がっていきます。
そして到着。
…うーん、お店ばっかり。
本当に四六時中縁日やってるんかというくらい、にぎやかに屋台が立ち並んでいます。

DSC_3277_R.JPG
地元にある最上稲荷の参道の商店街がこんな感じだよなぁ。とか思いながら登ったり。
食べ物屋さんがたくさんあって、呼び込みもしてるんですが、何せ小籠包を食べてまだそれほど時間が経ってません。
バスに乗りっぱなしで動いてもないですしねぇ。
とそんな感じで、黙々と歩いていきます。
「ついたよ、ここよ!」
と張さんが示したものは

DSC_3278_R.JPG
まさに千と千尋の神隠し。
湯婆婆の家でした。
しっかり

DSC_3279_R.JPG
「湯婆婆の屋敷」と看板も出ております。
中に入るようなので、それについて店内奥へ。
最上階のテラスみたいな所へ座ると店員さんがお茶とお菓子のセットを持ってきました。
お茶の入れ方を教えてくれて、それを見よう見まねで淹れる、Nさんたち。
「おぉ!全然味が違う、こりゃうめぇ!」と称賛の声を上げておりましたが…うーん、そうかなぁ。
なんか標高の高い所でないと取れない茶葉らしく、結構高級なお茶みたいでした。
自分はどちらかというと菓子うめぇ!って方でしたので(^^;
「帰り買っていくわ!」と興奮気味に同席の方々は語っておりました。

九份は映画「悲情城市」のロケ地としても有名だそうで、その悲情城市を無料公開している映画館がありました。
凄い小ぢんまりとした建物でしたが。
今回のツアーでガイドブックもらってたんですが、そのガイドブックには悲情城市の話しか出ていませんでした。
今となっては千と千尋の方が分かりやすいと思うけどねぇ。

帰りはシャトルバスではなく、路線バス(?)に乗ってバス停車場に途中下車する形で帰還。
お腹がすいてたらもっと楽しめたかもしれません;D

■春梅子餐廳(チュンメイジ ツァンティン)
DSC_3280_R.JPG
台湾で有名な中華料理のお店だそうです。
…が、何食ったか全く覚えていません(^^;;
コーラを頼みまくって、中華料理によくある回転テーブルを回そうとしたら他の人が料理を取ろうとしてたとか、そういうのは覚えているんですが…まぁ検索かけると色々引っかかるので、どんなものがあるかはそちらでどうぞ、って事で;p

■士林夜市
さて、夜もすっかりたけなわ。
バスの中で社長が「夜市行きたいよね!」と言い出す。
「…いや、自分は西門町へ…」とは言えず、一同夜市へ行くぜムードに。
最初はバスでホテルに到着後、各々が夜市へ移動という形が、バスで夜市の会場へ直接向かう事に。
場所は士林夜市、台湾で最も大きな夜市ですね。
バスを会場近くにつけ、
「夜9時半になったら出発します!まずはここで写真を撮ってください!」
その時に撮った写真がこれ

DSC_3281_R.JPG
「道が分からなくなったら、通行人にこの写真を見せてください。集合場所まで案内してくれます!」
という事で、8時半まで約1時間で夜市を回る事に…時間なさすぎだろう(^^;
夜市はやはり屋台が立ち並んで、色んな食べ物や服などが売られていました。
日本の縁日の規模を大きくしたような感じですかね。
ゲームセンターはさすがにありませんが、小さめのプライズ機を置いて、射的とかゲームができるようにしていたゲームコーナーっぽいものは数店ありました。
まぁビデオゲームがないゲーセンなんて…という事でざっと見るだけでしたがw
屋台よりは

DSC_3285_R.JPG
台湾のセブンイレブンとか

DSC_3284_R.JPG
台湾の百均ならぬ十均(価値としては40円程度?)とかの方が興味深かったです。

時間も30分を回り、そろそろ戻ろうかと思い歩いていくも、会場から外れていってるのかどんどん店が少なく…ロードサイドの大きいマクドナルドとか車屋しか見えなくなり、これはまずいと思い、もしもの時に準備していたスマホの海外ローミング始動!(2,780円/日)
お金もったいないけど、みんなに迷惑かかってしまう事を考えるとそうはいってられない、とGoogle Map起動。
さすがグーグル先生、台湾でもしっかり働いてくれました。
しかし、戻るには夜市を通らなければなりません。
夜市は人・人・人…前に進むのも容易ではなく、かき分けながら元の場所に急ぎます。

ついた、ここだ!
…バスはもう出発していましたorz
時計を見ると8時33分。
どうやらギリギリアウトのようですorz

過ぎていったものはしゃあない、急いで戻る事にします。
帰る事よりもどう謝ろうって方が頭でいっぱいでした。
幸い士林夜市の会場のすぐ近くはMRT(台湾の地下鉄)剣潭駅のすぐ近くで、迷った時も、この駅を通ったので、これで帰る事に。
ホテルの方は、ガイドブックを見ると南京復興駅がすぐ近くにありました。
中山駅で乗り換えて6駅。
よし切符買うか、と駅へ。

■剣潭駅
しばらく券売機の上にある路線図&運賃表とにらめっこ。
真ん中に数字が書いてあるんですが、これを運賃と認識するのに数分かかりました。
日本だと普通10円単位なので、下一桁は0ですが、台湾MRTだと「25」とか書いてあるし。
まぁたぶんこれが運賃なんだろうな、と思い券売機へ。

30元を入れ、25のボタンを押すと…出てきたのはチップ…チップ?
あの、よくカジノのルーレットで、予測する数字の上に乗っけるあれです。
日本のような紙製の長細いものではないのでしばし固まる。
とりあえず自動改札を見て他の客の様子を見る…チップをICカードリーダー(日本のSuicaやICOCAみたいな読み取り機がついてる)につけるとゲートが開く模様。
よし、やってみようとチップをカードリーダーに読ませて、無事通過。
中にICチップが乗っているようです。

あとは日本と同じように電車に乗車。
新しい鉄道なのか、ホームには落下防止用のゲートがすべてついていました。
さすがに移動はスムーズで15分ほどでホテル到着。
改札を出る時はチップの投入口にチップを入れるとゲートが開きました。
駅にはホテルの出口の案内も書かれていたのですぐ分かりました。

■兄弟大飯店
早速部屋に戻り、ドアストッパーがかけられていたのでそのまま部屋に入り、同室のOさんに謝罪。
「おお、よく帰ってきたなぁ!…え、地下鉄で帰ってきたん!?」
タクシーで帰ってきたと思っていたOさんは驚いていました。
「この後、社長が飲みに行くって。参加する?」
さすがにみんなに迷惑をかけたので、謝っておかねばと思い、参加することに。

時間になってOさんとロビーに降りると、ガイドのFさんと張さんもいました。
「あぁ、帰ってきてたんだ!よかったー。」
みんな心配してくれてました…申し訳ないorz
「i部長(警備会社の上司)がkobaさん見つけてバスの運転手に止めさせて探しに出たんだけど、気づかずに行っちゃってさー…」
すみませんすみませんorz
ほんと平謝り状態。
社長もロビーに降りてきて
「おぉ、無事帰ってきたんだ、よかったなー。」
とねぎらってくれました。
「そんじゃ、出かけますか!」
との声の元、みんなでタクシーに分乗します。

続きます!

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(40代)へ
にほんブログ村
一緒に100万貯めたい人はポチッと!
posted by koba at 18:27| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする